ホルモンバランスを健康に保つ為にサプリで身体を整える

体内には100種類以上のホルモンが存在すると言われています。

一般的に良く知られているインスリンもホルモンの一つであり、子供の成長を促すのもホルモンです。

また、ホルモンには胃や腸では消化吸収を、体内ではカルシウム代謝の調整や、血圧維持などの役割を担う働きもあります。

このように、身体にあるさまざまな情報を円滑にする物質を総体的にホルモンと呼んでいます。

具体的にホルモンの働きを挙げてみましょう。

人は体内維持のためにホメオスターシスと言われる機能が備わっています。

例えば体内に水分が欠乏している状態になると、ホルモンは肝臓に尿を濃縮させる働きを促し、水分の排出を防ぎます。

更に、脳に口渇感の指令を出しているのもホルモンの役割です。

このように身体の内部では、いたるろこでホルモンの伝達がなされているのです。

よってホルモンが欠乏すると機能低下となり体に変化が現れます。健康な身体を保つためにはこのホルモンバランスが重要になってくるのです。

そのためには毎日の十分な睡眠と栄養のバランスが取れた食事、更には適度な運動など、規則正しい生活が不可欠です。

しかし、いくら健康的な生活を送っていても女性の場合は年齢とともに減少していくホルモンがあります。

それが、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンです。このエストロゲンは一般的に8~9歳頃から卵巣で分泌されるようになり、子宮や乳房の成長を促し、女性らしい身体をつくる働きかけをします。

また、子供を生むための準備として初潮が始まると、このエストロゲンの分泌量は生理の周期とともに増減を行います。

エストロゲンの働きはそれだけではなく、肌や髪に必要な潤いを保ったり、コレステロール値を調整し動脈硬化を防ぐ役割などもあります。

けれども、加齢に伴い卵巣の機能が低下しホルモンの分泌量が少なくなると、生理の周期は不規則になり閉経を迎えることとなります。

一般的に更年期と呼ばれる40歳台から50歳台にかけて多くの女性が体調を崩すのは、ホルモンの分泌量が減少することから生じるのです。

また、昔と同じ食生活を送っているのに太りやすくなったり、血圧が高くなるのもホルモンバランスが原因なのです。

人は幾つになっても健康で健やかに過ごしたいものです。そのためには、規則正しい生活を送っているだけでは十分でない場合もあります。

そのためにはホルモンを助け、体調を整える働きがあるPMSサプリメントを服用するのも一つの方法なのです。